季節の果物狩り、宅配、通販 | 笹原果実 | 静岡県磐田市 |

きらぴ香収穫開始

11月を過ぎたぐらいから赤くなりはじめたイチゴが少しずつ増えてきており、今日はイチゴのヘタ近くまで赤くなったものが増えてきたので、出荷検査用と社員さんに食べてもらう用のイチゴを収穫しました。出荷検査はイチゴに使用した農薬が残留していないかどうかをチェックするために農協がやっていることですが、決められた量と回数を守っていれば残留していることはほとんどないそうです。勿論笹原果実も消毒は適切に行っているので今回の検査も問題ないと思うのですが、検査が終わるまでは少し心配になっちゃったりしますね。
 ところで笹原果実では植物を健康で元気に育てるためには、農薬は必要不可欠だと考えています。ただ農薬を使うことを推奨しているわけではなくて、必要最低限の病害虫の予防はやるべきだという考えで行っています。例えば人も乳幼児の頃には感染すると生命に関わるような病気に関しては予防接種をしますよね?大人になってもインフルエンザ等の非常に重い病気には予防接種をしますし、風邪を引けば治るまではお薬も飲むでしょう。日々の生活でも、病気にならないように食生活にも気をつけますよね。
でも医療や食生活の発達した人の世界でさえそれだけやっても何かしらの病気で人は亡くなっていきます。だから植物のように医療や健康管理の研究が全く進んでない生き物に対しては、人よりももっと真剣に向き合って守ってあげないといけないと思うのです。なので笹原果実では使う農薬、肥料、微生物資材等に関してかなり情報収集をしてから使用します。また使用してみて人や植物やその周辺の生態系への影響が大きいと感じたものに関しては極力使用を控えるようにしています。そうやって考えていくとどんな農薬や肥料等が必要かは自ずと分かってきます。根本的なところでは人も植物も生き物という共通点があるのでそれが分かれば農薬は最小の使用回数で効果が出て、なおかつ人の健康にも優しいものとなります。中々その共通のルールを見つけるは難しいですが、それが分かったときが栽培の楽しみでもあります。

 

 



トップページ 笹原果実について 宅配のお申し込み(業者様) 宅配のお申し込み(個人様) 会社概要 その他