果物の宅配、通販、観光 | 笹原果実 | 静岡県磐田市 |

かおり野、紅ほっぺ、よつぼしは苗取りほぼ完了

暑い日が続いていますが昨年は連日35℃などあまりに酷暑だったので、今年のように30℃くらいであればまだ涼しい方だと感じてしまい感覚が変になっている感じです。さてそんな暑い日はイチゴたちも大変だろうとは思うのですが、風通しのいい場所に苗を置いているので結構気持ちが良いのか元気な姿を見せてくれています。苗をポットに受ける作業もかおり野、紅ほっぺ、よつぼしはほぼ終わり、あとはきらぴ香を時々受けていく感じです。それと並行して、かおり野と紅ほっぺは徐々に親苗から切り離しを始めていく作業をしていきます。今までは養水分を親からもらっていましたが、それがもらえなくなるのでこのタイミングからはしっかりとポットに水が行き渡っているかを毎日入念にチェックすることが大切になります。そしてここからは苗が増えることがないので、育苗後半はいかに苗数を減らさないようにしていくかがポイントになります。


しっかりと時間をかけて

昨日から曇っていても蒸し暑い感じになってきており、これは梅雨明けの兆候かなと思ったら予想通り週末からは晴れマークが続く予報に変わりました。今年の梅雨はとても長くほぼ毎日曇りや雨で気分も上がりにくい日々でしたが、これからは待ちに待ったカンカン照りの日となっていきそうです。
 さてお話は変わりますが、イチゴのきらぴ香たちもようやく子苗が増えてきてくれてポットもかなり埋まってきています。このきらぴ香という品種は成長がゆっくりなので、苗が大きくなるのにも時間がかかるため他の品種よりも苗数を増やしにくいです。紅ほっぺが7月中には子苗取りが終了するのに対して、きらぴ香は8月に入ってからも苗を取り続ける必要があります。簡単には苗を増やせないという難しい面もありますが、イチゴの実の品質は生産者・消費者のどちらにとっても抜群なので、出来るだけ多くの苗を準備していけたらと思っています。


紅ほっぺ苗取り終盤

最近スイカの収穫はピークを迎えておりますがなんとか予定通りに進められています。スイカの作業と並行しながら、天気が晴れた日はイチゴの苗取りをしておりますが、紅ほっぺは苗を受けれるポットがほぼ埋まってきており、この調子であれば1万本以上は確保出来そうかなと思っています。苗を受け終わった後2〜3週間くらいで根がしっかりと張った状態となるのでイチゴの親苗から切り離していくことが出来ます。今週から来週に受け終わりとなると8月上旬から切り離しが出来ると思います。その後9月にはハウスに植え付けとなるので、いよいよイチゴの育苗も後半に入ってきたのを感じます。


関連ページ

イチゴ、1月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ、2月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ、3月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ、5月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ苗づくり
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ、6月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)

トップページ 笹原果実について 宅配のお申し込み 会社概要 社員採用情報 その他