季節の果物狩り、宅配、通販 | 笹原果実 | 静岡県磐田市 |

そろそろ収穫終了

曇りがちな日が続いており6月としては過ごしやすい日々となっているなと感じています。そんな時は結構要注意で病原菌たちがとても活発に活動しやすい環境となっており消毒等の病気予防は欠かせないです。
 さてそんな中ブルーベリーは病気に強い植物なので、ちょっとやそっとの悪天候ではびくともしないです。品種ブルーマフィンたちも無事に夏前の収穫も終了間近となっております。この後夏をはさんで秋にはもう一度収穫が出来る品種ですが、苗たちの体力を見ながら実を成らせるか決めていこうと思っています。次の開花はいつごろになるか、とても楽しみな日々となっていきそうです。


3種類のベリー収穫中

今日も快晴の空でとても気持ちのいい風が吹いており、6月としては涼しくて外で働くのが楽しい一日となりました。さてそんな日の早朝ですが、明日取引先様に納めるブラックベリーを収穫しました。そのブラックベリーの近くにはブルーベリー、ジューンベリーも植えてありちょうど熟して来ていたのでそちらの収穫もしました。どのベリーも美味しいですが、ブルーベリーの品種ブルーマフィンは甘さと酸味のバランスが良くて美味しいなと思います。ブルーマフィンは小粒〜中粒のブルーベリーですが、大粒の品種と食べ比べてみて味がしっかりと濃いと思います。私自身なんとなく潜在意識の中に大きいものはいいものだというイメージを持ってしまいがちですが、やはり適度な大きさのものはバランスのとれた味に仕上がるのではないかなと思います。


ブルーマフィン結実中

今日は思ったよりも雨が降るのが遅くなってくれたので、イチゴの親苗を植える作業が結構はかどりました。さて先日ですがブルーベリーの品種ブルーマフィンの苗を追加で購入したところ、実がなっている苗が届きました。本来苗が小さいうちは花や熟す前の実の段階でそれらを取り除いてしまうのですが、今回実を成らせた株とそうでない株の生育にどんな違いが出るかを確認するために実をつけたままにしてみました。生育が変わらないようなら今後はそのまま実を残してもいいのかなと思いますが、やはり花や実をあらかじめつんだ状態にしたほうがいいかなと予想しています。さてどちらの結果になるか楽しみですね。


新芽が動き出す

今日も暑い一日となり夏が近づいてきているのが感じられる日になりました。そんな暖かい日が続いているせいか、4月までとてもゆっくりと成長していたブルーベリーの品種「ブルーマフィン」が段々と新しい枝葉を伸ばし始めました。おそらく花を咲かせる性質が強い品種なので、かなり暖かい時期にならないと体をつくるほうに栄養が回せないのだと思います。これからの時期どれくらい大きくなってくれるかとても楽しみになってきました。


12月でも咲く花

昨日から一気に冷え込むようになりやっと12月らしくなったなあと思います。季節を感じれられるのは嬉しいですがやっぱり寒いのはちょっとしんどいですね。さてブルーベリーのブルーマフィンがまだまだ開花を続けております、11月にも咲いた花を摘んだのでもう出てこないかなと思っていたのですがまさかの展開です。ただしまだ苗が小さいのでこの花たちも摘んで株に栄養をいかせて身体が大きくなるようにしてあげます。更にハウスで管理しているためこの時期でも新しい枝が出てきています。成長の遅い品種と言われるブルーマフィンはハウス栽培が適しているのかもしれないですね。


蕾が少しずつ大きなりました

今日からイチゴのきらぴ香のハウスのビニール張りを始めていきましてなんとか7部屋ある中の2部屋にビニールをのせることができました。このまま風が穏やかな日が続いてくれれば週末にはなんとか張り終わりそうなメドがついてきたので少し先が見えてきた感じです。
 ところで先日ご紹介したブルーベリーの2季成り品種「ブルーマフィン」の蕾が膨らんできていて開花目前な感じがします。この時期に花が咲くならハウス栽培にすれば11月〜12月にも収穫出来る品種なのかもしれないですね。ただ今回の花は実になる前に取ってしまわないと体の成長が遅れてしまうので開花が確認出来たら摘んでしまう予定です。早く実を成らせたい気持ちをグッとこらえて大人になるまで待つ気持ちが果物の栽培には大切だと常日頃感じています。


2季成りブルーベリー

このところ天気予報が変わりやすい日が続いておりますがなんとか毎日仕事を進めることが出来ています。今日は新しく栽培品目に加えようと考えているブルーベリーの苗が届きました。しかしただのブルーベリーであれば、収穫時期が6月〜8月なのでスイカと収穫時期が重なってしまうことや収穫期間が短いことから栽培品目に加えるメリットがありません。そこで一年で何回か収穫出来るブルーベリーがないかと探していたところ、ブルーマフィンという品種を見つけましてこれが6月〜7月にかけて収穫、9月以降にも収穫出来るとのことです。実際に届いた苗を見ると10月でも蕾がついているのでこれは期待が持てそうな感じです。あとは栽培してみて収量、味、耐病性等がどうかを見ていき、大きな問題がなければ栽培を続けたいと思っています。実を成らせることが出来るようになるまで2年はかかるのでしばらくは観察と剪定が主な仕事になりそうです。



トップページ 笹原果実について 宅配のお申し込み 会社概要 社員採用情報 その他