果物の宅配、通販、観光 | 笹原果実 | 静岡県磐田市 |

イタチごっこを抜け出そう!

今日も午前中はとっても暖かい日で仕事が楽しく感じられる一日でした。さて先日イチゴのビニールハウスに虫とり用の粘着板を設置しました。黄色と青色の板にベタベタする粘着剤が塗ってあって、ハエ取り紙のように板にとまった虫がくっついてしまうというやつです。黄色と青色でくっつく虫が違い、両方やることでほとんどの害虫を減らすことが出来ます。ただしミツバチもくっついてしまうことがあるので設置する場所は少し注意しないといけません。害虫は消毒だけでは不十分で、こういった物理的に効果のある資材を使用したり、害虫を食べてくれる天敵を導入することでイチゴに影響がない程度まで減らすことができます。虫たちも適応能力が高いのであの手この手でイタチごっこを抜け出さないと良い果物にはならないのだなとつくづく感じさせられますね!


土壌水分計だけでなく

久しぶりに雨になると思ったら午前中の前半パラついたぐらいですぐに乾いてしまう程度だったのでイチゴのパック詰めが終わったあとは畑の排水溝を掘る仕事を進めることが出来ました。さて今日はイチゴの水分管理のお話をさせて頂こうと思います。水やりというと一日一回やるのがなんとなく一般的だと思うのですが、実際には植物が好む土の水分量があるので土壌水分計(写真)を利用して管理していきます。この目盛りの緑色の部分に入っていれば適切な水分量になるのでいつもこの範囲内になるように水やりを調整していきます。例えば晴れの日が続けば毎日水を与えますし、曇が続けば1日おきにしたり、大雨が降れば2〜3日様子を見るなど天気で変えていく、それ以外にも季節によっても頻度を変えていきます。更に植物の生育状況に応じても変えていくので、この水分計を目安にしながらリアルタイムに対応していく必要があります。なので水やりというのはとても奥が深いです。水分計を活用することはとても大切ですが、それに加えて植物の状況に応じて対応することも大切でそれが植物の気持ちを考えることなのかなと思います。


紅ほっぺが満開に近づく

昨日から一気に冷え込んで11月らしい寒さになってきましたね。昼は風がなければポカポカ陽気なのでまだまだ過ごしやすい感じです。さてイチゴのきらぴ香は順調に収穫が進んでいますが、紅ほっぺの方は少し遅れて開花〜結実といった感じです。これは10月上旬に植えてビニール張りも11月上旬になってしまったからなのですが、暖かい日が続いたことが幸いし思ったよりも生育が進んできています。ただ暖かすぎたので病害虫もまだまだ活発で昨年よりも消毒を頻繁にしなければいけないのが大変です。ちなみに消毒剤も出来るだけ体に良くないものを避けるために、有機栽培で使用可能なものを主に使うようにしています。とはいっても消毒の回数は出来るだけ減らしたいので、病害虫のことを考えるとなんだか季節外れで暖かすぎるのもいいことばかりではないのだなと思います。


きらぴ香収穫開始

少しずつ冷え込む日が増えて冬が近づいてくるのを感じますね。さて昨日からイチゴのきらぴ香の収穫が始まっています。今年は台風でビニールが破れてしまい保温が遅れたことで収穫も遅くなるかなと思いきや10〜11月に暖かい日が続いたため昨年とほぼ同じ時期に収穫開始となりました。張り替えたばかりのビニールなので太陽光がよく入りイチゴの着色も凄くよく、美味しそうな赤さに仕上がっています。味も土耕栽培の良さが出ており、甘さだけでなく旨みがのったイチゴなので満足して頂ける品質だと思います。そして今月中には販売をご案内するページを準備致しますのでご興味がありましたらそちらもご覧下さい。


きらぴ香の収穫目前

イチゴの植え替えも終わりこれで大きな仕事がほぼ一段落しました。あとは収穫までハウスのメンテナンスや荷造りの準備をしたりと細々とした仕事をしていく感じです。そしてイチゴのきらぴ香ですが今週末には収穫開始が出来そうな赤さになってきました。最初は収穫出来るイチゴの数が少ないので一個一個が凄く貴重で毎年慎重過ぎる位にパック詰めをしています。しかし段々たくさんとれるようになってくると常温に置いておく時間が長くなり傷みやすくなるので速く正確に詰めることが大切になります。なので社員さんにはイチゴが少ないうちにパック詰めの基本を覚えて頂いてクリスマス以降に本領発揮してもらえるよう毎年計画しています。


紅ほっぺハウスビニール張り完了

今日は西風が強く吹く日でしたが相変わらず気温が高く暑い日になりましたね。さてイチゴの紅ほっぺのハウスも注文していたビニールがようやく届いて今週で張り工事が完了しました。暖かい日が続いてくれたおかげで紅ほっぺの生育もよく、花も開花が進んできているのでこのままもう少し暖かい日が続いてくれたらクリスマスにはケーキに使う大きさのイチゴが収穫できるかなと思います。ハウスの温度管理も少し暖かめにして成熟を進めていきたいところです。ようやくきらぴ香、紅ほっぺ共に収穫日の目処がついてきたのでそろそろ取引先の方々に納品日のご連絡をしていきたいと思います。


紅ほっぺ開花

今日は土砂降りの雨が降ったので、カッパを着て社員さんと一緒に水路掘りをしましたがなんとか畑1枚分終わり一息つけた感じです。さて久しぶりにイチゴのお話になりますが紅ほっぺが蕾〜開花位まできています。いつもは10月中には開花が始まるのですが今年は台風の影響で植え付けが遅れたのと紅ほっぺのハウスはビニールがはれておらず生育がゆっくりなので少し遅れ気味です。なんとかクリスマスから年末年始に間に合う位ですが最初の収穫のピークは年明けになるかなと思います。ただ遅れた分涼しい環境で生育しており、蕾や花もゆっくりと大きく成長したので果実も大きめのものが取れるかと思われます。紅ほっぺの株もガッチリとしているので味に関しても品質のいい果実が取れそうですので、収穫まで気を抜かずに生育を見守りたいと思います。


関連ページ

イチゴ、7月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ、9月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ、10月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)

トップページ 笹原果実について 宅配のお申し込み 会社概要 社員採用情報 その他