果物の宅配、通販、観光 | 笹原果実 | 静岡県磐田市 |

秋の苗取り

最近は夜かなり冷え込むようになってきたので少し喉の調子がおかしいなあと感じる日があったりするので風邪引かないように気をつけないといけないですね。さて今日はイチゴの秋の苗取りについてご紹介します。普通イチゴは春から夏にかけて苗を取って秋にハウスに植えるのですが、植えた苗が枯れてしまったらもう一度苗取りをしなければいけない場合があります。この時苗取りする方法は刺し苗と言って、イチゴの親から出てきた子供を切ってポットにピンで止めておく方法になります。根が出ないうちに親から離されるのでそのままだと枯れてしまうので、最初の一週間は30分〜1時間おきに水やりをしてしおれないようにします。これがとっても大変で日が出ている時間は1時間以内に行ける所に活動範囲が限られてしまいます。それでもこの方法で取った苗は病気になるリスクが低いので植え替えしても枯れる苗が少なく苦労するだけのメリットがあります。あと一週間もすれば、水やりも一日2回位になるのでそれまではしっかりと付いていたいと思います。


きらぴ香ハウスのビニール張り完了!

先週から行っていたイチゴのきらぴ香ハウスのビニール張りが全て終了しました!ビニールハウスとして使用するだけなら先週の土曜日に終わっていたのですが、台風の補強など細かい所の作業は残っていたのでそれに多少時間がかかった感じです。やはりビニールを張ると中は暖かいのでイチゴの株も目に見えて大きくなっていきます。花もどんどん咲いてきておりミツバチも順調に交配していて11月中下旬には販売が可能な位の収穫量になってきそうです。この一番最初の花は栄養が最も供給されているので完熟させれば誰に食べてもらっても美味しいといってもらえる品質です。ご提供出来そうな時期の少し前になりましたらブログでご報告致しますのでもう少しお待ちいただけたらと思います。


きらぴ香開花

今日は久しぶりの快晴だったのでハウスの中も暖かくイチゴ達も凄く元気な感じでした。そしてイチゴのきらぴ香の花がどんどん咲いてきており、あと1〜2週間もすれば満開になりそうです。今出てきている花は11月中下旬に実が収穫出来るのですが、この1番始めの実が最も大きくなります。そこから後に咲いてくる花は徐々に小さくなってきてクリスマスの頃にはケーキに乗っているくらいの大きさのものが取れてくるようになります。今回笹原果実のイチゴは台風の影響でもっと遅れるかと思いましたがなんとかケーキ用も間に合いそうで、お付き合いのあるお客さまにあまりご迷惑を掛けずに済みそうなので一安心です。


きらぴ香の蕾

昨晩から今朝にかけて雨が結構降りビニールがまだかかっていないきらぴ香のハウスは水たまりだらけになってしまったのでポンプで排水したり、ハウスに登って修理をしたりと今日は一日中動き回って仕事をしていました。ハウスの中で作業をしているときらぴ香に蕾が出ているのが確認できたので少し嬉しくなりました。もうちょっとすれば花が咲いてきてミツバチ達が交配を始めてくれると思います。10月中旬に咲いてくれれば11月中には収穫出来るようになるのでビニールを早くかけてあげて保温して収穫が遅れないようにしたいと思います。というのもイチゴの実は積算温度で熟すのでハウスのビニールを閉めて温めてあげたほうが早く赤くなってくるからです。来週の天気は雨が少なそうなのでどんどんビニール張りを進めていきたいと思います。


ハウスの高さは5m!

ここ数日はイチゴのハウスの鉄骨にのぼり、来年の台風対策としてビニールを巻き上げてテッペンで縛っておけるような金具を取り付ける作業をしています。写真の真ん中に奥まで走っている金具をハウスの鉄骨にビスで止めていくのですが、鉄骨の上は足場が悪くバランスを取るのに神経を消耗するため、一日作業をするともうヘトヘトになります。一般的にイチゴのハウスは2m〜3mくらい高さのものが多いのですが、笹原果実のハウスは5mあるので慣れるまでは結構大変です。しかしこの高さがあることによってハウス内の温度変化が緩やかになりイチゴも快適に生活できるようになるのです。人が急に暑いところから寒いところにいくと体調を壊すのと同じように、植物達も急激な温度変化には適応出来ないので調子を崩してしまいます。台風の影響を受けやすい高いハウス、陽当たりのいい場所にあるハウスは苦労することが多いのですが、その分イチゴが育つ環境はいいので品質はとてもいいものになります。復旧完了までまだしばらく時間がかかりますがクリスマスに間に合うよう進めていきたいと思います。


一人で出来ることなんて知れてる

台風も過ぎ去り、ようやくイチゴの紅ほっぺの植え付け準備が終わったので今日から植え付けを進めていきました。社員さんの方々が時間延長を申し出てくれたおかげで今日だけでハウスのほぼ半分を植えることが出来ました。また土日も予定のない方々が急遽出てくれるとのことで本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。今のメンバーの方々は困った時はいつも助けてくれるので、ヒトに恵まれた会社になったことが凄く嬉しく感じます。そんな方々の大切な時間で植えて頂いたイチゴ達が美味しい果実を成らせ、しっかりと社員さんに還元出来るようしばらくは毎日全力で植え付けとハウスの復旧を進めていきたいと思います。


関連ページ

イチゴ、7月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)
イチゴ、9月
植物の気持ちを考えた果物づくり(宅配、通販、観光)

トップページ 笹原果実について 宅配のお申し込み 会社概要 社員採用情報 その他